フレッツ光が鉄板なのかな?

最近 引越しに伴い経費節約の為に フレッツ光を解約し 某ポケットWiFi に変更してしまいました。今だから思うこと。ポケットWIFIの通信規制は厳しすぎます。当たり前に光で使い放題つかっていた私と致しましては あまりの不便さに閉口してしまいましたが、今では必要最低限の動画のみの鑑賞等に利用を絞り 計算しながらネット等使っております。

一般家庭でしたら まずは電話が必要になりますので ADSLを利用するのが昔では当たり前に思えますが、最近ではIP電話も普及し始め ADSLではなく光回線の選択肢も一般的になってなってまいりました。光回線はNTTだけではなく 地域により提供サービス業者が色々とあるようですので まずはネットで調べられお得な情報を得る事をお勧めします。光回線はどこも通信速度に差がある等の違いはどこにもありませんので 契約期間ですとか制限があるのか無いのか まずは基本料金とプロダイバー料金を比較検討されるのが一番だと思います。電話=光 だけの選択肢ではなく 有線音楽=光 等 別の利用形態も望めるべく最近は選択肢が増えて来たようです。

タイトルでは フレッツ光が鉄板か?とも書きましたが フレッツ光の歌う セキュリティー等も使った経験から言うと パソコンが重くなっただけかと思います。

選択肢が広がり 価格競争になるのが利用者にとって一番ありがたい事なのかと感じます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ